FC2ブログ

サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
2011/09/17

「最強の駒落ち」という本

先日図書館で「最強の駒落ち」という本を借りてきました。



続きを読む
2011/06/22

「最後の審判」を鑑賞-将棋ルールの見直しが必要かも

「驚異の三手詰」で触れた問題の詰将棋「最後の審判」の詰手順を鑑賞しました(自力で解いたのではありません^^;)。作者のサイトに問題図作意解説があります。

確かにこれは現行の将棋ルールの不備(あいまいさ)を突いた問題作です。作者がおっしゃているように日本将棋連盟が確固としたルールの確立を行うのが、最善の策でしょう。

続きを読む
2011/06/14

「華麗な詰将棋」、「盤上のファンタジア」借りてきました

若島氏の一手詰の謎を知るべく、「華麗な詰将棋」と「盤上のファンタジア」を図書館で借りてきました。



どちらの本にも第1問目にこの一手詰が載せられています。そしてこの一手詰の「謎」は...結構深いものでした。

続きを読む
2011/06/10

若島正氏の一手詰の謎はこれか?

「若島正氏の一手詰」で書いた「作者が考えている答え」を想像してみました。氏の著作「華麗な詰将棋」が図書館になさそうなので確認ができず、想像したわけです。

以前、若島氏は将棋世界誌にエッセーを載せていましたが、これが凝った内容なのです。その時に載せられていた記事からの想像なのですが、"作者が考えている答え"なるものは、この局面の一手前はどういう局面だったのか?ということではないかと。



続きを読む
2011/06/07

驚異の三手詰

一昨日の若島氏の一手詰で思い出したのが、看寿賞を受賞した三手詰。これはすごい!



続きを読む
2011/06/05

若島正氏の一手詰

昨日、若島正氏のことをブログに書くと、早速Twitterされていました。「若島正」で検索するとTwitterに面白いことが載っていました。大学への数学という雑誌でインタビューを受けた同氏が、自作の詰将棋とともに記事に出ているのです。こちらです。しかもその詰将棋はなんと一手詰!

一手詰なんて超初心者向けでしょう、と思ってしまいますが、これがちょっと凝っています。


(以下では、解答を書いているので、自分で解いてみたい人はすぐには見ないでください。)

続きを読む
2011/05/28

Android版「森田将棋」をやってみて

こちらで紹介したAndroid版「森田将棋」をちょっとやってみたので、感想を書きます。

「フリー対局」は弱くて話にならないので、もっぱら「将棋の道」の方をやっています。勝っていけば昇級・昇段すると思いきや、これが違う。現在5級ですが、昇級条件が「相手の香車を全て(駒台を含む)取る」というもの。何じゃそれ?

続きを読む
2011/05/22

Android向け将棋ソフトいろいろ

IS05で動く将棋ソフトをいくつかやってみました。

銀星将棋


続きを読む
2011/01/21

「大山康晴の晩節」という本

5年ほど前に「大山康晴の晩節」という本を買いました。文庫本です。



続きを読む
2010/10/25

勝又六段は数学科卒らしい、道理で論理的に話すわけだ

先日、たまたま「棋聖戦中継plus」というサイトを見ました。梅田望夫氏が観戦記を書いているものです。その中に勝又六段が発言された内容が書かれていました。

続きを読む
<<戻る 次へ>>

■  カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード