サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/04/16

ナボコフのヨーロッパ文学講義 下

本屋でナボコフの「ヨーロッパ文学講義 下」を少し立ち読みしました。スティーブンソンの「ジキル博士とハイド氏」、カフカの「変身」、プルーストの「失われた時を求めて」、ジョイスの「ユリシーズ」についての、ナボコフ氏の講義録を書籍化したものです。


続きを読む
スポンサーサイト
2014/04/13

週末か寝る前に読む本

もっぱら寝る前に読んでいるのが、「花咲く乙女たちのかげに」。あと数十ページでこの巻を終了します。12月から読んでいるので、約4ヶ月。寝る前にしか読まないので進み方が遅いのです。

続きを読む
2014/02/02

日本のamazonより米国のamazonの方が安いことが多い

昨日最後に紹介した「数論アルゴリズムと楕円暗号理論入門」をamazonで買いました。安い旧版のシュプリンガー・フェアラーク東京の方にしました(\1,500程度)。新しいものとどう違うのか知りませんが、数学理論書ですから多少古い内容でも問題ないという判断です。コンピュータ関連書であれば、そうはいかないところですが。

続きを読む
2014/01/20

小説と評論の総合はプルーストだけではないのだが...

「花咲く乙女たちのかげに」は100ページほど読みました。主人公の私が初めて演劇を鑑賞し、それについてノルポワ氏と話す場面がようやく終わったあたりです。ノルポワ氏が演劇論、芸術論を吐露するこの場面は、ノルポワ氏の言葉を借りて作者プルーストが自身の考えを述べているのでしょう。そう考えると、これまでより多少は読みやすい。巻末の訳者の解説では、この小説は「小説と評論の総合である」と書かれています。登場人物の言葉を借りて作者が自身の考えを吐露するというのは小説には時折あることで、ロマン・ロランが自著「ジャン・クリストフ」の中で、主人公がベートーヴェンを高く評価する一方で、バッハやブラームスに批判的な意見を述べる箇所があるのもその一つです。そこでふと思い出したのが、以前ブログ記事にも書いた、ヴァン・ダインの持論

続きを読む
2013/12/22

次は「花咲く乙女たちのかげに」にしました

「土地の名、名」のあとはどれにしようか考えましたが、やはりできれば順番の方がいいだろうということで、「花咲く乙女たちのかげに」にしました。前回の同じく、吉川一義氏訳の岩波文庫版です。



続きを読む
2013/12/15

「土地の名、名」を読み終えました

「スワン家のほうへ II」の「土地の名、名」を読み終えました。どうも私にはドストエフスキーの小説のように会話が多いものは読みやすくていいのですが、この小説やカミュの「ペスト」のように著者の説明文(というのだろうか?)が多いものは苦手です。

続きを読む
2013/12/04

翻訳ではなく解釈

昨年ビッグサイトで行われた製造関連の展示会に行った時に、ブラっと立ち寄ったのが日本キスラー社さんのブース。特にうちの会社とは関係なさそうに思えたのですが、展示品が目につき立ち止まったのがきっかけで声をかけられ、説明を聞いて名刺交換しました。以来、メールマガジンが来るようになりました。11月26日の記事に興味が湧きました。

続きを読む
2013/12/02

林修「受験必要論」を読みました

先日立ち読みで、林修著「受験必要論」を読みました。著作といっても多くの部分がインタビュー形式になっていて、読みやすくできています。

続きを読む
2013/11/22

読みたい本がいくつかある

最近読みたい本がいくつかあります。数学関連ではソートイ教授「素数の音楽」ですが、いつも行く図書館では貸し出し中のため、「シンメトリーの地図帳」を借りてきて、今日から読み始めています。タイトルからわかるように「群論」の話です。予想通りわかりやすく説明されています。

続きを読む
2013/10/27

「ダブリナーズ」を読みたくなりました

「翻訳はいかにすべきか」には、"彼"、"彼女"を使わない日本語の小説の例として、川端康成の「雪国」の一場面が引用されています。12行にわたる二人の会話ですが、"彼"、"彼女"どころかなんと主語が全くありません!日本語の特権とも言える"主語なし文"を披露されているのには、"主語あり文"に慣れている我々には驚きです。

続きを読む
次へ>>

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。