FC2ブログ

サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/27

外国語に関連した数学用語の訳語など

昨日に続いて数学関連の外国語の話題を。

体論の本を読んでいると、「Kを体とする」という表現がよく出てきます。体は英語でfieldなのに、なぜKとするのか?これはドイツ語Koerper(oeの部分は本来はoのウムラウト)によるものです。体論に関連したドイツの数学者は誰だったかな?(デデキント?)

代数幾何学によく出てくるfaisceau。考えだしたのがフランスの数学者アンリ・カルタンなので、元はフランス語。英語ではsheafですが、日本語では「層」。faisceau(フェソー)の発音から取ってきたようなこの訳語は、秋月康夫氏によるものとのこと。元々faisceauは「束」の意味ですが、「束」(そく)という数学用語が既にあったので、別の訳語が必要だった。束を水平にすると層のように見えるので「層」という訳語を当てたと言われています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1087-dae90279

■  カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。