サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/14

ちょっと寂れたプラハのモーツァルト記念館

今回プラハに行くに当たって旅行ガイドを見ていると、いろんな音楽家の名前が挙げられています。モーツァルト、スメタナ、ドヴォジャーク、ヤナーチェクの4人がたいていの旅行ガイドに載っています。最後の3人はチェコの作曲家ですが、モーツァルトってオーストリアのザルツブルク生まれでは?確かにそうですが、オペラ「フィガロの結婚」がプラハで大成功を収め、次いで「ドン・ジョヴァンニ」をプラハで初演してこれも大成功したということで、モーツァルト記念館がプラハのベルトラムカにあります。プラハ中心部からはずいぶん離れているのですが、せっかくなので行ってみました。

 
記念館の前の通りには「Mozartova」と書かれています。記念館の正門には確かに「モーツァルト・ミュージアム」という表記があります。中に入り、建物までの通路脇には彫刻が2つ。これはモーツァルトかなあ?

 

受付に中年の女性がいました。入場料を払って(確か、一人50コルナ≒250円)入ると、モーツァルトの音楽が流れてきました。受付の女性がラジカセ(?)のスイッチをオンしたようです。観光客はほかに誰もいません。中は十分整備されたとは言い難い状況で、電灯を取り外した跡が残ったところもあります。モーツァルトが使ったのであろうチェンバロが置かれています。またここでミニコンサートを催していたと思われる部屋もあります。

 

15分ほどで出ました。ちょっと寂れた感じの記念館でした。誰も見に来ていなかったし。後日、日本人ガイドさんにプラハ市内を案内していただいた時に記念館のことを話すと、「えっ!開いてたんですか?」とびっくりされていました。なんと数年前に経営破綻していて、公式Webサイトでは閉鎖されていると書かれているらしい。これではモーツァルトも寂しいでしょう。

この日の晩は、国立マリオネット劇場で「人形劇によるドン・ジョヴァンニ」を観ました。これは人気の観光コースで観光客も多く、別の日本人グループと出会い、日本語で話をしました。こちらは楽しかった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1195-50d5aa3c

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。