サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/02

フランクの音楽はどうも苦手だ

セザール・フランクの音楽を初めて聴いたのは、彼の代表作である「交響曲ニ短調」でした。何ともセンスの感じられない音楽だと思いました。フランス音楽によく見られる循環形式によるものですが、あまり魅力のないテーマを循環させてもねぇ...という印象でした。後年、カルロ・マリア・ジュリーニの指揮のものを聴いて、多少は評価し直したものの、今でも好きな曲ではありません。

その後、フランクの「ヴァイオリンソナタ」を聴きました。これは素晴らしい!魅力的なテーマにあふれていて、私が聴いた2種類の演奏では、どちらも第2楽章の火を噴くような情熱的な音楽が終わると拍手喝采がありました。聴いたものの一つはルジェロ・リッチとマルタ・アルゲリッチの"リッチ・コンビ"(これは私が勝手に呼んでいる言い方で一般的ではありません)。名演である上に、音楽まで素晴らしい。あの「交響曲ニ短調」と同じ人による作曲とは思えません。別人のようです。

その後、「交響的変奏曲」を聴きました。なんとまあ、これはわかりにくくて魅力を感じない音楽です。あの素晴らしい「ヴァイオリンソナタ」と同じ人の作曲とは思えません。またしてもフランクから離れていくような気持ちでした。

フランク自身は長年教会のオルガニストをしていて、その部分はブルックナーと共通点があります。そしてさらなる共通点は転調が巧みなこと。フランクの音楽には、その転調の魅惑を感じているとは言いがたい私ですが、ブルックナー音楽の転調はとても素晴らしい。ブルックナーが好きな私なので、何かのきっかけでフランクに興味が持てるようになればいいなと思います。

スポンサーサイト

コメント

フランク
一度探してみますね
2012/06/03(日) 02:07:09 |URL|インフォ大名 #- [編集]
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012/10/19(金) 02:16:05 |URL|職務経歴書の書き方 #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1214-ea0549c7

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。