サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/09

ラフマニノフ終止を聴く

「ラフマニノフ・交響曲第2番を聴きました」で書いた「ドンドコドン節」ですが、これは正式には「ラフマニノフ終止」といって結構知られていることのようです(Wikipediaには「軍楽調の終止」とあります)。やはり皆さんそう感じているわけですね。ラフマニノフ終止を重点的に聴いてみる試みをしました。

まずは有名なピアノ協奏曲第2番から。つい全曲聴いてしまいました。持っているCDはこれだけ。



Rafael Orozcoという聞いたことのないピアニスト。安いCDでずいぶん前に買ったのですが、特筆すべきものはありません。ということはあまり気に入っていません。YouTubeで別の演奏をいくつか聴きましたが、ルービンシュタインのピアノ、フリッツ・ライナー指揮シカゴ響のものが一番よかった。YouTubeでは譜面を見ながら聴けます。

次は交響曲第2番。先日図書館で借りてきたロリン・マゼール指揮のものです。これも全曲聴いてしまいました。



始めに終楽章だけ聴いたときは、メリハリがなくどうってことない演奏だと思いましたが、全曲続けて聴くとまあまあよかった。ただ最後の「ドンドコドドン」の箇所は、その少し前からテンポが遅いので、パッとしません。YouTubeではいろいろ聴いたので整理がついていないのですが、尾高忠明指揮のBBC響がよかったかな。「ドンドコドドン」はどれもマゼールよりよかった。この曲はアンドレ・プレヴィン指揮のものが定評があるようなので、一度聴いてみたいもの。

最後はピアノ協奏曲第3番、これは先にYouTubeを聴きました。この曲を好んで弾いたと言われるホロヴィッツのもの、若き日のアルゲリッチのものなど。この「ドンドコドン」は第2協奏曲のよりテンポが速く、小気味よい。聴いたCDはアシュケナージのもの。



パガニーニ狂詩曲を聴くためにずいぶん昔に買ったCDで、第3協奏曲のしかも終楽章を聴いたのは初めてかもしれません。これはオケがよく鳴っていて気に入りました。「ドンドコドン」もいいですし。

ところでこの3曲以外に「ラフマニノフ終止」はあるのでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1221-dd1870a8

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。