サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/13

読書は「本と共にある習慣」

今日の新聞の「読む=生きるチカラ」というコーナーに『読書は「本と共にある習慣」』と題するエッセーが載っていました。著者は詩人の長田弘さん。いい内容だったので少し紹介します。

読書離れと言われる昨今ですが、長田氏によると「本を読んだら内容を要約すべき」、「ためになる読書をすべき」という「偏見」を持っている人が多いのが原因ではないかと言われています。おそらく学校教育でそういう風に教わってきたからでしょう。学校では「読んで面白かった」、「つまらなかった」ではダメ、やれあらすじだの、やれ感想文だのと求められます。なので、読書にいい思い出がなく、学校を卒業すると読書離れになっていく。

読書を楽しむために大切なこととして、氏が言われているのは、「分からない本であっても、その分からないこと自体が重要」。思想家の吉本隆明氏の著作は難しくて、投げ出す人が多い。この「読めなかった」ことが経験だと。これを読んで私も安心^^;)。投げ出した本が多いからです。

またその後にはアルベール・カミュの「異邦人」を挙げられ、「きょう、ママンが死んだ」という冒頭の一文、これが「ママ」とか「お母さん」では売れなかっただろうと。「ママン」の「ン」があったから爆発的に売れた。そういうものですか。確かにこの冒頭はかなり衝撃的な文です。

最後に書かれているのは、読書したあと要約や説明ではなく、感銘を受けた一行を朗読すればよいと。読書を「本を読むことではなく、本と共にある習慣」と捉えるとよい。そうですね。

私は今まで多くの本を読み、また多くの本を投げ出してきました。どちらにしても「本と共にある習慣」には変わりがない。これでさらに気楽に本が読めると思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1225-572d688d

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。