サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/15

カラマーノフの交響曲を聴く

以前から図書館にある音楽CDで気になっていたものが、カラマーノフの交響曲CD。カラマーノフ(カラマーゾフではありませんよ)と言っても日本ではほとんど知られていませんし、曲のタイトルが奇妙なもの。

交響曲第22番「レット・イット・ビー(あるがままであれ)」
交響曲第23番「私はイエス」





何じゃそれ?という感じのタイトルです。まさかビートルズの曲とは関係ないでしょうし。まずは第22番を聴いてみました。

重苦しいチューバの超低音で始まります。しばらくするといかにも"現代音楽"の感じが出てきます。これがドイツ音楽というのなら特に驚きもしませんが、実はソヴィエトの作曲家。よくソ連でこんな音楽が書けたものと驚いてしまいます。こんな前衛的な音楽を書く人ですから、当然のごとくソ連当局からは睨まれ上演禁止となります。彼の音楽が西側に紹介されたのは1991年。1934年生まれですから、57歳の時というわけ。

第23番はソロ・ヴァイオリンが出てきたりして、結構"聴ける"部分が多い音楽です。美しい箇所もありますし。

このCDはアシュケナージ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団による、1995年、1996年の演奏。西側に知られるようになってからの録音です。

さすがにこんなマイナーな曲を好んで聴いている人はいないだろうと思いきや、いるんですね。「ワースト交響曲はこれだ!」というサイトで、堂々の第1位に挙げられています。この方、よくまあこれだけマイナーな交響曲ばかり集めて、聴いているものです。いやはや恐れ入りました。ここに挙げられている曲、私はほとんど知りません。有名なので知っているのは、第7位の「トゥーランガリラ交響曲」くらいですか。この方も言われるように「トゥーランガリラ」は意外とつまらない。官能的なタイトルでものすごいなあと、一度聴くと面白いと思うものの、繰り返し聴こうとは思わない音楽だと思います。

カラマーノフは繰り返し聴きたいと思うかどうか...難しいところです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1227-3bba8591

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。