サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/19

ラヴェル・ピアノ協奏曲ト長調を聴く

気に入った曲のCDを集中的に集めるといった"こだわり"に興じていた時期がありました。ブルックナーの交響曲第5番、プロコフィエフのピアノソナタ第7番などがそうですが、ラヴェルのピアノ協奏曲もそのうちの一つ。もっともラヴェルのは「左手のためのピアノ協奏曲」の方が好きで、こちらがお目当てだったのですが、たいていのCDではト長調の方の協奏曲(俗に"左手"のものに対して、"両手"と言ったりもする)も一緒に入っているので、そちらも聴くことになります。今回、図書館で借りてきたのが、ジャン・フィリップ・コラールのピアノによるもの。オケはロリン・マゼール指揮フランス国立管弦楽団のもの。"両手"の方を聴きました。



両端楽章は軽快で小気味よい音楽なので、誰が弾いても楽しめる。緩徐楽章は美しい音楽なので、これまたどれでも楽しめる。じゃあこのCDのいいところは何か?一聴して感じたのは、終楽章のコントラバスのピチカートがよく録れていて、テーマを奏でているのがよくわかる点。この部分は今まで気がつきませんでした。お気に入りのCD、アルゲリッチ(Pf)・アバド指揮ロンドン響のものを聴いてみると、確かにコントラバスが聞こえますが、コラールのものほどよく聞こえない。いろんな演奏のCDを聴き比べする面白さの一つがこういうところですね。

今日は台風の影響で早い時間に退社したので、音楽を楽しめました。コラールの"左手"は今度の土日になるかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1231-a9fe0a9d

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。