サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/14

ハインツ・レーグナーのブルックナーっていい?

盆休みにブルックナーの第6番を聴きました。第6はブルックナーとしては盛り上がりに乏しく、それほど人気のない部類の曲。確かに第5のフィナーレの圧巻さはないし、第8の重厚さ、第9の荘厳さもない。ただ言い方を変えると気楽に聴けるのがいい。といっても第1楽章だけで満足することが多く、第2楽章以降を聴かないことが多い。

持っているブル6のCDは2種類。オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管のと、ハインツ・レーグナー指揮ベルリン放送響のもの。よく聴くのはクレンペラーの方。クレンペラーのが好きというより、レーグナーのがあまりにもあっさりしていて、"ブルックナーを聴いた!"という充実感に乏しいのが理由。

レーグナーのブルックナーがしっくりこないもう一つの理由は、長いクレッシェンドの扱いのまずさ。ブルックナーの作品によく見られる長いクレッシェンドはブルックナーの真骨頂で、ほとんどの指揮者が徐々に音を大きくしていって盛り上げるのに対し、レーグナーは最後の数小節のクレッシェンドの前に、一旦音を小さくしておいてクレッシェンドを再開するやり方で、ブルックナーの意図を(リスナーの意図も)見事に裏切ってしまう。第6では曲の性格上それほど顕著に感じないものの、第5ではひどい。

同じように感じている人がいるのかな?こちらにレーグナーのブル5に関するコメントがありますが、この方も一聴してガッカリだったようです。ただ評価し直したとのことで、私はまだそこまで聴き込んでいないでしょうか...

ちなみにレーグナーのブル6・第1楽章の終わり方は、思いっきり「モルト・リタルダンド」。うーん、やはり私には合わないな...

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1287-cc4aa5c6

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。