サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/26

メーデー・ミュンヘンの悲劇を見ました

今日の深夜1時にナショナルジオグラフィック・チャンネルで放映されていた、メーデー!9:航空機事故の真実と真相を見ました。今回のは「ミュンヘンの悲劇」と題するもの。1985年、サッカー・チームのマンチェスター・ユナイテッドのメンバーを乗せた航空機が離陸に失敗して、選手7名を含む23名の乗客が死亡したという事故です。

深夜、雪の降る中ミュンヘンを出発した飛行機は、エンジントラブルと思われる現象が起きたため、二度も離陸を断念。加速がよくないため長めの滑走で離陸することにして、三度目の離陸に踏み切りましたが、またもや急激な減速のため、離陸に失敗。そして滑走路を突き破って近くの民家に突っ込んで大破。この事故で23人もの犠牲者が出ました。

機長はイギリスの航空会社に所属しており、事故が起きたのはドイツ。有名選手を死に至らしめた事故なので、どちらの国のミスなのか、国を挙げての懸命の事故調査が始まりました。そしてドイツ側から機長のミスとする報告書が提示され、機長は窮地に追い込まれる。反論を試みるものの、初めからイギリスに非がある前提でのドイツ側の主張に、機長のミスによる事故と結論付けられます。機長は「マンチェスター・ユナイテッドの選手が乗った飛行機で事故を起こした機長」ということで、社会から非難を浴びます。彼の所属する航空会社は、彼を解雇。

しかし彼は無実を訴え続け、11年がかりでドイツ側の非による事故との証拠を提示して、逆転で汚名返上。しかし長い戦いに疲れたのか、その後しばらくして逝去。気の毒としか言えない内容でした。

メーデーの番組の多くは、整備士の確認不足や、クルーの判断ミスにより、大事故が起きてしまったという内容です。技術者の端くれである私としては、ミスを撲滅するために役立つ内容と思って、よく見ています。しかし今回のは違います。国の名誉のために、一人の人間を破滅させてしまうとも思える内容で、後味が悪かったです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1299-e8599190

■  カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。