サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/27

ノートの効用

先日、仕事で開発中のプログラムがうまく動かないことがありました。
いくら考えてもうまくいかない原因がわかりません。いわゆる「ハマってしまった」というやつです。

以前書きました「ペアプログラミング」の時のように、共同開発者と一緒に解決を図ってもよかったのですが、いつも人任せではいけませんし、共同開発者も自分の仕事を持っているので、そうそう邪魔するわけにもいけません。
そもそもソフトウェア開発のプログラミングは、書いた人にしかわからないという要素があります。
ずっと昔ですが、まだ経験1~2年のころにうまく動かないプログラムの件で会社の先輩に相談したところ、

「君が作ったプログラムのことは、いくら俺に説明しても君にしかわからない部分があるから、解決するのは最終的には君自身だよ。ただ人に説明することで、自分の盲点が明らかになることがあるから、話は聞くけどね。」


と言われました。当時は十分に理解できなかったのですが、今では納得しています。

自分で解決するため、まず基本に戻ろうと思いました。
少し前に本屋で立ち読みした本に「思考・発想にパソコンを使うな」というのがありました。
立ち読みしていて印象に残ったのが「手書きで脳活性--キーを打つとき、脳はまったく働かない!」という部分。これにしたがって、問題点を明らかにするために、今のプログラムの構造などをノートに書き出しました。パソコンを使わずに。

書き終えてからノートをしばらく眺めていると、気になる個所が見つかりました。
考えていくうちに、うまく動かない原因がどうやらその気になる個所にありそうだとわかりました。

ここで初めてパソコンに向かって、プログラムを検証し直しました。気になる個所の前後を見ていくと、
その個所がどうも怪しそうです。その個所の変数の値を表示させてみると、ドンピシャ!
やはりその個所に誤りがあったようです。すぐさま修正して実行したところ、うまく動くようになりました。

ノートに書き出すということが、こんなに効果があるのかとびっくりしました。
今回の件は、パソコンに向かってキーを打っているだけでは解決しなかったかもしれません。

現代の小説家で、パソコン、ワープロが出現してからでも、原稿用紙に手書きで書いているという人が
結構います。といいますか、ほとんどの方がそうなのかもしれません。きっとパソコン、ワープロのキー入力ではいい発想や表現が出てこないのでしょう。

これからも考えなどに詰まってしまった時は、ノートに書き記してみようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/139-fbbde054

■  カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。