サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/11/28

「微積分名作ギャラリー」を読んでいます

先日、図書館で「微積分名作ギャラリー」を借りてきました。



この本で紹介されている数学者は、ニュートン、ライプニッツ、ベルヌーイ兄弟、オイラー、コーシー、リーマン、リューヴィユ、ワイエルシュトラス、カントール、ヴォルテラ、ベール、ルベーグ。微積分の誕生から発展・完成までを紹介した数学の読み物で、非常に面白い。まだ初めの方を読んでいる段階ですが、ニュートンやライプニッツが当時まだ極限の概念があいまいだった時代にあって、手計算で様々な関数の級数展開を計算していくバイタリティはすごいと思います。amazonのカスタマーレビューにもあるように、コーシー以降の内容がきっとさらに面白いでしょう。極限の厳密性を議論し始めたのがコーシーで、現代数学に通じる考え方を生み出しました。そしてワイエルシュトラス。連続であるが至る所で微分不可能な"病的な"関数を発見し、数学界に衝撃を与えます。それからカントール。無限集合に関する考察を深めて一筋縄ではいかない解析学の問題を提起し、最後にルベーグがいわゆる"ルベーグ積分"を編み出して一応の決着をつけます。そういった解析学の大きな流れを、読者をひきつけながら紹介していく文章力はすばらしいものだと思います。

しばらく楽しめそうな本です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1393-5688f944

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。