サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/04

カミュ「ペスト」の読後感

昨年末にカミュの「ペスト」を読了したことは、昨年12月30日のブログで「今年の成果」として書きました。一読しただけなので立派なことは書けませんが、少し感想などを書いてみます。
(以下、ネタバレがあります)

小説の最後で、ペストの発生がおさまったため、市は閉鎖を解かれたわけですが、解放の喜びを感じない幕切れです。リウー医師が市外からの電報で妻の死を知ることになるという設定もそれを感じさせますし、また「人間に不幸と教訓をもたらすために、ペストがふたたびその鼠どもを呼びさまし、どこかの幸福な都市に彼らを死なせに差向ける日がくるであろうということを」で小説が終わるのもまた同じ感覚を受けます。これがカミュの描く不条理なのでしょうか。

登場人物も多種多様。ペストの蔓延を防ぐために市を閉鎖されたことで、逃げ出そうとする人、閉鎖が却って好都合だとする逃亡者、強靭な意志で病気と戦う医師リウー、病気に対して全く無力な神父パヌルーなど、どれをとっても興味深いと思います。

私が一度は挫折した「ペスト」の読破に再びチャレンジしてみようと思ったのは、Webで何人かの方が東日本大震災との関連に言及していたからです。特に小説の中のリウー医師の「ペストと戦う唯一の方法は、誠実さということです」という言葉に触れられていた意見が多かったようでした。例えばこちらです。

一読ではなかなかわからない部分も多いですが、再読はもう少し後になるかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1430-a186efe9

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。