サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/02/07

1行が長くて行数の多い巨大なファイルでもviは開いてくれる

今日、あるアプリのDBのデータを確認するため、データバックアップを取ることになりました。DBはMySQLなので、mysqldumpコマンドを使ってデータをテキスト形式で取り出せます。得られるテキストはSQL文なので、中身の確認は非常にやりやすい。SQL文は平易なもので、LOCKなどを除いてはCREATE TABLEとINSERTの羅列。ただINSERT文については、MySQL独特の記法で

INSERT INTO table (1,'A','AA'),(2,'B','BB'),...

といったふうに、テーブルのレコードが横にずっと並ぶので、レコードが多いテーブルだと1行当たりの文字数が十万を超えることもあります。

mysqldumpで取ったデータのサイズは約900MB。これを確認するのに、普段使っているWindowsのエディタPeggy Proで開こうとすると、1行が65536文字を超えた部分はカットされます、といった警告が出ます。これではデータの確認はできません。以前1行が非常に長いテキストファイルを開くのに秀丸エディタが使えたことを思い出し試してみましたが、こちらは別のエラーでやはりダメ。となるとsedやawkでテキスト整形をした上で開かないといけないと思いました。

sedやawkを使うとなると、WindowsよりLinuxの方がいい。以前書いたように、Windowsのsedやawkだと思わぬ結果を招くかもしれないので。データをLinuxに転送し、必要だと思われる部分をgrepやsed,awkで整形しました。ところで元データをviで開くとどうなるのだろう?と思ったので、やってみました。なんと、viはこの巨大なテキストデータファイルをエラーも出さずに開いてくれました。これにはびっくり!エディタとしての使い勝手はPeggy Proや秀丸の方が上だと思っていましたが(Linux好きの方には不本意かも?!)、ファイルをエラーなしで開くという基本的な処理をしてくれるviを改めて評価しました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1464-4f367035

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。