サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/02/28

DVDが読めないサーバにWindows Server 2008 R2をインストールしようとした

少し古いサーバ機にWindows Server 2008 R2をインストールすることになりました。このサーバ機のHDDは先日初期化しています。今回のインストールはあるアプリの動作確認のためなので、評価版のWindows Server 2008 R2を使います。Windows Server 2008 R2のDVDメディアをこのサーバ機の光学ドライブに入れて、しばらく待っていたのですが、BIOS画面のあと何も表示されません。BIOS画面でBoot Sequenceを確認しましたが、光学ドライブがFirst Bootになっているので、この点は問題ありません。

しばらくして気がつきました。古いサーバ機のため光学ドライブがDVD対応ではないのでは?見ると確かにCD-ROMドライブと書かれています。とするとどうすればいいか?通常、光学ドライブを持たないWindows PCに光学メディアに入ったソフトをインストールする際に使う手として、光学ドライブを持つ別のPCにメディアを入れて、そのドライブを共有をかけて、ネットワーク越しに見るという方法があります。しかし、今回この方法はダメ。なぜならHDDを初期化しているため、Windowsが入っていないからです。

Webで調べると、光学ドライブを持たないPCにWindowsをインストールする方法が載っていました。そして行きついたサイトがこちら。Windows PEなるものがあります。ざっと読んでみるとこんな感じ:最小限の機能を持ったWindowsの起動用CDまたは起動USBを作成して、それをインストールする。その後、本来インストールしたいソフトを別PCの共有ドライブ(フォルダ)にして、ネットワーク越しに読んでインストールするという方法。

Windows PE 2.0の起動CD/DVDメディアを作成する手順は、こちらが参考になりました。この起動用ISOファイルは200MB程度なので、CD1枚に入りました。出来上がったCDをサーバ機に入れ、CDから起動して、無事にWindows PE 2.0がインストールできました。その後、Windows Server 2008 R2を入れようとしたのですが、エラー。さらに調べてみると、Windows Server 2008 R2には、Windows PE 3.0が必要とのこと。ということは、今までの作業は無駄だったわけ。ちょっとがっくりですが、気を取り直して3.0で作り直しです。これは明日以降。

Windows PEというのは知りませんでした。Windows PEは無料で、自由に使えるようです。まあ機能上の制約があるでしょうから(よく知らないが)、本格的には使えないでしょうけれど。ともあれ勉強になりました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1485-70601c83

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。