サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/13

昨日の記事でCentOSを採用した理由

昨日の記事でLinux Mintでやっていたことを、CentOSでやり直したのには理由があります。あるアプリのDBサーバを構築するのに、オフィシャルにはWindows以外のOSではRed Hat Enterprise Linux(RHEL)にしか対応していないからです。

まずWindowsを断念した理由ですが、インストールする物理PCを探したところ、あまりにも貧弱なスペック(CPUがCeleron 2.4G、メモリが1.5GB)のため、Windows Server 2008 R2では無理だろうという判断でした。件の物理PCにはLinux Mintが入っていたのですが、Red Hatではないけれど、まあ何とかなるだろうとの判断で、目的のアプリのインストールを始めました(Gmount-ISOを使って)。ところがエラーが発生。エラー箇所を見ると(インストーラはシェルで書かれているので、私でも読める)rpmのところです。そりゃダメでしょう。じゃあrpmをMint用に書き換えたらどうだろうとも思ったのですが、この先いったいいくつ書き換えないといけないかもわからないのであっさり断念。元々大した設定をしていなかったMintマシンだったので、初期化してCentOSを入れることに。夜中にCentOS6.4 32bit版ISOイメージのダウンロードをしておきました。

翌日、CentOSをインストール。一応Desktopインストール(GUIあり)にしておきました。それから目的のアプリのインストール。昨日書いたようにGmount-ISOが使えなかったので、DVDに焼いてインストール。CentOSはRHEL互換なので問題なくインストール完了。これで目的のアプリが起動できました。ちなみにAPサーバ側はこちらこちらで書いたようにWindows PEを使ってインストールしたWindowsサーバです。APがWindows、DBがLinuxというのは、たぶんオフィシャルには動作保証していないと思うのですが、DBサーバはDBエンジンが入ればOSはさして関係ないだろうというのと、機能検証用のテスト環境だからいいだろうという判断です。

とりあえず正常に動作したので、一安心です。目的の機能検証はこれからです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1498-6dccfd53

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。