サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/29

よくわからないgit-gui

先日CentOSにインストールしたGitを使ってみようとチャレンジしました。その前にやっておいたのが、CentOSの日本語化。メニューが全て英語になっているのです。この辺りは至れり尽くせりのUbuntuと違って面倒ですね。Web情報を参考にしてメニューを日本語化することができました。その作業中に気がついたのが、「git-gui」なるメニュー。そういえばGitをインストールすると、git-guiもインストールされると書いてありました。

コマンドでgit initとして、Gitを使い始めてもよかったのですが、せっかくメニューを見つけたのだからということでgit-guiを起動しました。こちらにも書いてありますが、「新しいリポジトリを作る」をクリックして、リポジトリを作成するディレクトリを指定する時に誤ってしまったのが、"間違いの始まり"。自分のホームディレクトリを指定してしまいました。実際はその下のソースコードを保管しているディレクトリが正しいのに。

ともあれgit-guiの画面は開きました。当然ながらファイルの一覧はホームディレクトリの中身。まあディレクトリを変更すればいいと思ったのですが、そのメニューが見当たらない。tcl/tkの貧弱なGUIでもあり、またメニューの作り方もよくないと思いました。一旦git-guiを閉じて開き直すといいかなと思ってやってみたものの、二度目の起動ということで「新しいリポジトリを作る」を指定できません。Gitの本は二冊ほど読んでいたのですが、git-guiの記載はなかったので途方に暮れました。ディレクトリを切り替える方法を書いたWeb情報は見つかりませんでした。結局git-guiはあきらめて、端末からホームディレクトリの下のGitの管理対象にしたいディレクトリからgit initと打ち込んでGitを使いました。

その後、ある情報で端末からgitkと打ち込むとGUIが起動することがわかり、打ち込んでみると確かに起動しましたが、git-guiとは違う画面。しかしgitkの画面からgit-guiを起動するとのことなので、やってみると見事git-guiの画面が、目的のディレクトリで開きました。めでたしめでたし!

まあこれで一応、git-guiが使えるわけですが、相変わらずgit-guiのメニューからはホームディレクトリしか開きません。そもそもgit-guiの本を読んだわけではないのにgit-guiを起動したのがまずかったのかも。素直にgit initと打ち込めば、気を良くしてGitが使えたのに...

Git使用の初日は、こんな一日でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1514-464c3aa8

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。