サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/07

プロコフィエフ-半音下への転調

昨日の記事では、プロコフィエフ作品の長二度下への転調について書きましたが、短二度下つまり半音下への転調もプロコフィエフには多く見られます。思いつくものを挙げてみますと、

1.交響曲第5番第1楽章12小節目(第1主題)、57小節目(第2主題)
2.ピアノ協奏曲第4番第4楽章の最後のピアノソロ


1はどちらも「音をずらす」ような感じの転調で、初めて聴いた時はかなり無理やりの転調だなと思ったものですが、聴きこむと面白い。2はロ長調の音階だと思って聴いていると、ずれるようにして変ロ長調の音階になって終わるというトリックのような転調。

この2つの例はちょっと無理気味の転調でわかりやすい方ですが、結構自然に聞こえてしまうものとしては、ピアノソナタ第6番第4楽章。最初のイ短調のテーマが、しばらく進むと嬰ト短調で再現されるというもので、このあと変ロ短調に転調したテーマが先ほどと同じ流れで半音下がってイ短調になる。

プロコフィエフは古典的な形式の中に現代感覚を表現する作品が多い。古典的な調性感覚から脱皮しようとする意図が強いため、古典派にない和声を積極的に取り入れているように感じます。従来のものにない転調を試みているのは、その特徴の一つでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1523-d26eb66e

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。