サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/03

FreeNASをインストール−その0

知り合いから古いPCを譲り受けました。PCはDELL Dimension 4600C。Windows XPが入っています。メモリは512MB。購入当時は標準的な容量かもしれませんが、今となっては少ない。そのままWindows PCとして使う気はなく、以前より興味のあったFreeNASをインストールしてみようと思いました。

FreeNASはFreeBSDをベースに作られた無料のNASアプリケーション。WebGUIで設定ができるという優れもの。FreeNASから派生したNAS4Freeというのもありますが、どちらも使ったことがないので、私には優劣はわかりません。まずは"本家"からということでチャレンジしました。

さて、今回の記事がなぜ「その0」なのか?それはFreeNASをインストールするまで"紆余曲折"があったため、インストール完了まで時間がかかりました。その"紆余曲折"をまず紹介します。

FreeNASをダウンロードしてCDに焼くところまでは問題ありませんでした。そのCDをドライブに入れてCDから起動したところエラーが。エラー内容はこちらに紹介されているのと同じ、SCSI status Check Condition、SCSI Sense: MEDIUM ERRORというもの。このPCのことをよく知らないので、SCSIインターフェースが入っていて、それをFreeNASが認識しないのか、と思いました。そういえばこのPCには変なインタフェース・カードが付けられています。あるサイト(URLは失念)には、CDのMedia errorではないかとの情報があったのですが、焼き直すのももったいないと思って、本当にMedia errorなのかを知るため、実績のある別のCD「Ubuntu Server」のCDを入れて、PCを起動しました。これでも起動しないなら、CDドライブが悪いということも考えられます。やってみると問題なくインストールメニューが出ます。ということは、本当にMedia errorなのかもしれません。とりあえずUbuntu Serverのインストールメニューにあった「メモリチェック」をやってみました。今思うとこのメモリチェックをよくやったものです。なぜならメモリチェックの結果は、惨憺たるもの。エラーの続出でした。2枚あるメモリーのうち一枚を外して再度メモリチェックすると、PASS。ということは1枚は不良ということ。不良メモリの代わりに使っていない同種のメモリを入れて512MBにしました。ここから再スタートです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1549-af8d7167

■  カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。