サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/13

「ガロア 偉大なる曖昧さの理論」を借りてきました

先日、「ガロア 偉大なる曖昧さの理論」を借りてきました。以前紹介した「大数学者の数学」シリーズの一冊です。



この本は譬え話が多く、導入が巧みで面白い。例えば野口英世を例に取って、彼が探求した黄熱病の病原体はウイルスであり、彼が持っていた光学顕微鏡では観測できない、光学顕微鏡による観測による"曖昧さ"の陰にウイルスは隠れている。観測方法を一つ決めると、それによって観測できるものと観測できないものに分かれる。代数方程式も同じで、「加減乗除と等式」という観測方法を決めてやると、それによって観測できるものと観測できないものが生じる。それを理論化したのがガロア理論であると結論しています。実に面白い!(おまえは"ガリレオ"か!)

そのあと、具体的な代数方程式についてガロア群を計算していく説明がありますが、これがとても丁寧。これでわからなければガロア理論の理解は諦めたほうがいいのでは、とも思えるような分かりやすさです。

第3章は「ガロア狂詩曲」と題して、著者の専門分野である「微分方程式のガロア理論」が紹介されています。こちらでも紹介したものです。そういえば「リッカチのひ・み・つ」の巻末にも微分ガロア理論が少しだけ書かれていました。

このガロアの本は面白いです。リッカチの本より先に読んでしまいそうです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1559-ef6ac313

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。