サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/06/15

Qt Designerをやってみました

PyQtをやってみたので、次にこの本に沿ってやってみたのが、Qt Designer。本ではWindows環境での説明で、PyQtをインストールすると、合わせてQt Designerもインストールされるようなのですが、Linux Mint 13ではインストールされていません。パッケージマネージャからインストールしました。起動するとこんな画面が出ます。



さっそく本にしたがって、簡単なアプリケーションを作ってみました。ドラッグ&ドロップでコンポーネントをフォームに貼り付けられる点はVisual StudioなどのRADと同様です。



ボタンをクリックした時に実行させるイベントは、今回の例ではlineEdit(いわゆるtextBoxのこと)をクリアするというもの。これは画面右下の「シグナル/スロットエディタ」で指定。発信者、受信者という表現がピンときませんが、どうやら発信者はボタン、受信者はこの場合lineEditのこと。その後プレビューしてボタンをクリックしてみると、確かにlineEditの中身がクリアされます。これは簡単。

ところでソースコードはどうなっているのか?「ソースコードを表示」というメニューがあるので、実行するとC++のコードが表示されます。Pythonではありません。それもそのはず、これはQt Designerであって、PyQt Designerではありません。いろんな言語に対応するQtでありますが、pythonコードを生成するには、pyuic4というコマンドが必要。Qt Designerで作ったものを一旦uiファイルに保存し、このコマンドでpythonコード(pyファイル)を生成したあと、必要なコードをpythonで追記していくという形のようです。

今日のところはここまでです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1592-d574749b

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。