サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/07/01

ハードウェアとソフトウェアの陳腐化

以前ある人が「ハードウェアは陳腐化するが、ソフトウェアは陳腐化しない」という内容のことを言ったのを聞きました。確かにハードウェアは見た目にも古くなったことがわかり、ガタがきたりして性能の劣化などがわかりやすいのに比べ、ソフトウェアはガタがくることがなくいつまでも使えそうに思います。果たしてそうでしょうか?

考えてみると、「ソフトウェアはいつまで使える?」で書いたのと似たような議論になるかと思います。つまりハードウェアが壊れない限り、そして新たにソフトウェアをインストールしない限りだと。しかしそれは使えるか、使えないかの議論で、ソフトウェアの陳腐化は主観的なものではないかと。すなわちある人にとっては陳腐化は遅いが、別の人にとっては急速に陳腐化するのではと思います。

あるパッケージアプリはPostgreSQLを使っています。このアプリがアップデートしたことで、従来PostgreSQLのバージョンが8.2だったのが9.1になりました。どうやらこのパッケージアプリの新バージョン開発を始められた時期では最新のPostgreSQLであったようでした。ところがこの新バージョンのパッケージアプリがリリースされてすぐに、PostgreSQLの最新版9.2が出ました。つまり早くも古くなっていると言えます。もちろん最新版のDBであることがベストであるとは言えないでしょう。安定していない可能性もあるので。しかしある意味では、リリースした時点で陳腐化が始まっているわけです。

開発が活発なオープンソースソフトウェアでは、この辺りのスピードが速い。リリースした時点で次のリリースを考えています。Ubuntuもその一つ。半年に一回のバージョンアップリリースというスピードですから。ユーザが最新版を追いかけることがベストかどうかは議論の余地はありますが、バージョンアップスパンが短いものが質の向上という意味で、望ましいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1608-837cfbfa

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。