サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/08/01

「数学をいかに使うか」を借りてきました

「数学で何が重要か」と一緒に借りてきた本が、「数学をいかに使うか」という本。



タイトル通りに解釈すると、この本は「数学の応用例」について述べられていると思われがちですが、全く違っていて、「使えない数学は教えなくてもよく、学ばなくてもよい」ということが、この本の"はじめに"に書かれています。読んでいくと時折出てくるのは、「普通の教科書には書かれていないが、重要なこと(定理)」や、逆に「普通の教科書に書かれていることが多いが、単に成り立つことを示した"真実"にすぎず、以降の数学を勉強していく上ではほとんど意味のないこと」です。後者の例として、古い代数学の教科書で三次方程式や四次方程式の代数的解法を求める演習問題が多くあったことや、鶴亀算や旅人算を教えていたことなどが挙げられています。確かにこのような視点で書かれた本は珍しいと思います。

この本で最も面白く書かれているのは、第6章の楕円関数を一般化した二重周期関数、さらに一般化したWeierstrassのペー関数の議論だと思います。ただ私にこの辺りの素養がないため、"なるほど!"を膝を叩くところまでいかないのが残念です。知っているとさらに面白く読めると思います。

志村氏のこの2冊を読むと、3部作の残り1つである「数学が好きな人のために」も読んでみたいものです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1639-2f992735

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。