サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/08/11

「ギリシア棺の謎」の読み比べ−その6

だいぶ戻って第7章「証拠」。捜査関係者がブレット嬢に尋問する場面です。

井上訳

「あの男が出て行くのを見ましたか」と、ペッパーが口をはさんだ。
「いいえ、ペッパーさま・・・・・・」ジョアンは、ペッパーの名まえの最後のシラブルで、ちょいと言葉を濁らせた。ペッパーは、好ましからざる、検察官らしくもない感動をごまかすためかのように、顔をおこったようにそむけた。



越前・北田訳


「その男が帰るのを見ましたか」ペッパーが口をはさんだ。
「いいえ、ペッパー・・・・・・さん」ジョーンが名前の後半をことさら長く発音して"怒りん坊"(ペッパラー)に聞こえたので、ペッパーはむっとして顔をそむけたーー検察官にあるまじき感情的な面を隠そうとするかのように。


これは原文を見ない限り、井上訳では何のことか全く想像がつきません。越前・北田訳は非常にわかりやすい。Gooの辞書を見ると"ペッパラー"らしき単語は見当たりませんが、pepperyという語に「短気な、怒りっぽい」と書かれてあるので、おそらくこのことでしょう。しかし、作者エラリー・クイーンはいったい何の意図があってこのようなことを書くのでしょう? 深い意味があるのでしょうか...

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1649-42d1e098

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。