サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/08/31

古典新訳に関する雑感

昨日亀山氏の翻訳について書きましたが、それに関連していろいろな書評を読んでみました。当事者の評価は多分に議論に熱くなっているため、もっと冷静に批評しているものはないかと探してみると、北海道大学の佐藤美希氏の論文がありました。こちらから見ることができます。

佐藤氏によると、そもそも両者の翻訳観が異なるとのこと。以前からの翻訳を評価し、新訳を批判する人の翻訳観は、

「原文にコンマが三つ、ピリオドが一つあれば、訳文にもまたピリオドが一つコンマが三つという風にして、原文の調子を移す」という"原典至上主義"



なのに対し、新訳を発表する側(翻訳者だけでなく出版社も)の翻訳観は、

「古典を現代に蘇らせること。気取らず、自由に、心の赴くままに、気軽に手に取って楽しめる古典作品を読者に届ける」ことを目的とする、読者への"普及第一主義"


であり、確かにこれだけの違いがあれば論争になるのも無理からぬことに思えます。

今回のことを受けて、改めて「カラマーゾフの兄弟」の旧訳と新訳を読み比べてみました。旧訳は新潮文庫・原卓也訳、新訳は光文社古典新訳文庫・亀山郁夫訳です。読み比べた箇所は第二部第四編、旧訳「病的な興奮」、新訳「錯乱」と題された最初の章です。

旧訳でまず感じたのは、おそらく原文がそうなのでしょうか、段落分けが極めて少ないこと。私が持っている平成四年刊の第32刷では、1ページ19行で段落が全くないページが5〜6ページにわたっていること。これで圧倒されます。旧来からのドストエフスキーの訳だと、こういったことは当たり前で、私などはページをめくって段落なしが数ページにも及ぶことに気がついて、ため息が出たものでした。しかも表現が単純でないことも多く(この章は比較的ましですが)、読み続けるのはある意味"忍耐"です。一方、新訳は1ページ16行。文字も大きく段落分けもされていて、読みやすい。"不適切訳"との指摘があった箇所(「長老はそうおどけてみせた」)に出くわしましたが、それほど気になりません。

実際の本を読んでみて感じたのは、「ストーリーを追うのなら、新訳"書籍"の方が断然読みやすい」ということ。"書籍"とわざわざ書いたのは、紙という媒体に印刷された文字という意味。Web上で翻訳文を並べて新旧の訳語の正誤を論じても、所詮どちらもWeb上の文字。受ける感覚は同じなので、純粋に訳語だけの比較になってしまいますが、実際に紙に印刷された文字を見た印象(大きさ、書体)は全く違います。もちろん誤訳はいけませんが、新訳を批判する人は"紙に印刷された文字を見た印象"をどうお考えなのか知りたいものです。

また、新訳を批判する人は、既に「カラマーゾフ」なり「赤と黒」を読んでいます。つまりストーリーを既に知っているわけですから、初めて読む人が受ける印象などは考えていないのではと思います。初めて読む人は、出会ったその翻訳文で物語の流れを知り、理解していくわけですから、読みやすい"書籍"の方が望ましい。私のように"忍耐"してまで読む義務はありませんから、読みやすい方がいいはず。いい古典に触れる機会を読者に与えるという出版社の意図は理解できますし、また成功していると思います。

「新訳は原文を損ねた誤訳、不適切訳があるので、それでは"カラマーゾフ"なり"赤と黒"を読んだことにはならない」というのであれば、新訳でストーリーを確認した後、望ましいとされる旧訳を読めばいいのではと思います。音楽でも同じ曲の別演奏を聴いてみることで新たな発見があるのと同じです。

佐藤氏の論文では、第3章以降に「過去の新訳をめぐる論争」があり、こちらも興味深い。柳瀬尚紀氏の名前も挙がっているので、折りを見てブログに書いてみたいと思いました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1669-1742cd9a

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。