サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/03

新訳のプルーストを読むことにしました

このところ古典を読む気分が高まってきたので、再度(再々度?)プルースト「失われた時を求めて」に挑戦することにしました。最初の「コンブレー」は一度挫折したので(ここで挫折する人は多いらしい)、今回はそのあとの「スワンの恋」からということに。以前も書いたようにどこから読み始めてもいいとのことなので。選んだ本はこちらです。



岩波文庫なのですが、開いてみると光文社古典新訳文庫のようなページ構成。左ページの左端に訳注が載っている点、巻末の解説の出だしと充実した内容という二点が同じ。光文社の文庫本を手に取ったのかと確認し直したほどです。翻訳者はフランス文学者の吉川一義氏。プルースト研究の第一人者とのことです。吉川氏によると訳文を読みやすくするよう努力されたようで、確かに立ち読みでページをめくってみて、読みやすいと感じました。これなら挫折しないでしょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1672-e20b969a

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。