サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/06

ユリシーズの誤訳についての本

図書館で柳瀬尚紀氏の本を探していたのですが、目的の本はなく、代わりにこんな本に出会いました。

 

左側は「『ユリシーズ』案内」という本で、副題が「丸谷才一・誤訳の研究」。ユリシーズの日本語訳で有名な丸谷氏の訳文を痛烈に批判しています。日本ではかなり昔から、ジョイスの翻訳というと丸谷氏が定番のように認知されています。その訳文に誤りが多くあることは、読者に与える影響が極めて大きいとして、この本の筆者は丸谷氏に誤訳の指摘をしますが、返答は「梨のつぶて」だったと書かれています(ちなみに「梨のつぶて」は丸谷氏の評論集のタイトル)。そこで公開批判としてこの本を出版したとのこと。まあ丸谷氏の主義・主張には偏屈な感じを受けますから(なぜ今時、歴史的仮名遣いなのか?)、さもありなんといったところです。

一方、右側の「『ユリシーズ』註解」は、左側の「案内」より後に出版されたもので、紛らわしい箇所をピックアップして註解しているのですが、ここでも過去の誤った翻訳の批判をされています。批判対象は丸谷氏以外に、柳瀬氏や独文・仏文訳のものもありました。

この著者の経歴が面白い。文学部に行っても食っていけないからとの親の意向で法学部に進み、一般企業に勤めるものの、ジョイスへの思いが断ちきれず、独学でジョイスを研究して第一人者になられたという"市井"の研究者です。市井の研究者からの誤訳の指摘なので、プライドが許さないのか、丸谷氏は"梨のつぶて"だったのかも。この辺りはロシア文学者の原卓也氏の対応とは雲泥の差があります。

ところで、将来ユリシーズを読もうという気になるかどうか...何ともいえません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1675-f57e4d2f

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。