サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/21

「翻訳はいかにすべきか」を読んでいます−その3

おそらくこの本で柳瀬氏が強く主張したかったのは、第4章「『ユリシーズ』翻訳」ではなかったか、と思います。丸谷氏他2名による全訳版の批判をするために。第1〜3章はその準備かと。ユリシーズの誤訳について北村氏は本を書かれましたが、この本はAmazonでは古書しかなく(廃刊か?)、多くの人が見る機会もありません。またユリシーズ研究に関して名もない人が書いた本では注目もされません。当の丸谷氏から無視された上、注目もされない批判本に対して、柳瀬氏が助け舟を出したとも思えます。

第4章「『ユリシーズ』翻訳」で挙げられた部分だけでも、ジョイスの"造語"が多い。凝った原作に対して、柳瀬氏が工夫に工夫を重ねている苦労が感じられます。これだけ苦労するのなら、柳瀬氏がユリシーズの全訳を終えていないのもやむを得ないのかもしれません。未発表分はまだハードディスクの中にあると氏は書かれていますが、きちんとバックアップを取っておいていただきたいと念願します。そしてその完成形を早く見たいものです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1690-7de7c84a

■  カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。