サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/02

林修「受験必要論」を読みました

先日立ち読みで、林修著「受験必要論」を読みました。著作といっても多くの部分がインタビュー形式になっていて、読みやすくできています。

Amazonのカスタマーレビューを見ると賛否両論ありますが、私はいいと思いました。印象に残った箇所は、

1.飛び級は導入すべき
2.東大は上限がないので、とんでもないようなすごい学生がいる
3.学問は贅沢


です。

1.日本で飛び級の議論をすると必ず出てくる反論は、「できない生徒・学生」はどうするのかというもの(かわいそうだということか?)。なぜできない生徒・学生に合わせるのかがわからない。できる人に失礼ではないのかといつも思います。林氏が言われるように医学部は医者を養成するのが目的で、人格の発達が必要なので、飛び級は望ましくないが、他の理系学部ではドンドン取り入れるべきというのは正論だと思います。大学受験に必要な数学をいつ終えたかという質問を東大生にしたところ、中二(!)と答えた人もいたらしい。これだけできるのなら、飛び級を許さない制度自体が日本の教育レベルを下げていると思います。

2.日本では良くも悪くも偏差値の高低で大学を選ぶので、偏差値トップの東大は偏差値の上限がない。だからものすごくできる学生がたまにいるらしい。林氏はそういう人と話をして人生観が変わったとのこと。まあ少々の天狗ならすぐに鼻をへし折られるのでしょう。

3.ある大学教授が学生に読むべき書物の一覧を挙げたところ、総額10万円ほどになった(専門書は高いですから)。「そんな高いものは買えません」と学生が言ったところ、教授は「じゃあこのゼミを辞めなさい。学問というのは贅沢なものですから」と一蹴した。これが一番印象的でした。受験勉強をさせてもらえるのはある意味贅沢。勉強したくてもできない人がいる中で、勉強できることに感謝しなければならないというのは、いい意見だと思いました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1762-a8d94dd9

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。