サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/04/01

「もっとも美しい対称性」を借りてきました

「フィールズ賞で見る現代数学」「14日間でわかる代数幾何学事始」と一緒に借りてきたのが、この本です。



タイトルから群論について書かれた本だとわかります。「シンメトリーの地図帳」と流れは似ています。ソートイ教授の本が自身の体験を紹介しているのに対し、こちらの本の方は群論にまつわる数学史を客観的に扱っており、好みもあるでしょうが、私には楽に読めます。まだ4分の1程度しか読んでいませんが、これからが楽しみです。

著者のイアン・スチュアートという名前は聞いたことがあるように思えたので調べてみると、この手の数学書をたくさん書かれているようで、「数学の秘密の本棚」、「世界を変えた17の方程式」、「数学の魔法の宝箱」などがあります。訳者はすべて水谷淳氏です。

  

この本が面白ければ、他の本も読んでみたいものです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1882-c7361262

■  カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。