サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/04/02

Windowsの固定キー機能でトラブった

ある人から、Windowsログオン時にパスワードを入力する画面で、正しいパスワードを入力しても「パスワードが間違っています」というメッセージが出るという連絡を受けました。件の人はそもそもパスワードを変えていないので、パスワードは間違っていないとのこと。初めはCAPS LOCKがオンになっているためかと思ったのですが、そもそもこのノートPC、CAPS LOCKがオンはオフかを示すインジケータが付いていません。困りました。

まずやってみたのは、別メディアからのブート。これは何のためかというと、キーボードドライバが壊れていると考えたからです。このPCには光学ドライブは付いておらず、しかたなくUSBメモリにWindowsを入れて、USBからの起動を試みましたが起動せず。ブートシーケンスをUSBにしているにもかかわらず。

次にやってみたのは、キーボードの不具合の調査。パスワード入力画面のため、入力文字をエコーバックしないので、調査といっても難しい。全部のキーを入力して●が表示されるかしか調べられませんが、わかったのは"ゼロ"キーが反応しないこと。Num Lockがオンなのかとも思いましたが、このノートPCにはNum Lockキーがありません。ということはNum Lockではない。

キー入力するとどういう文字が入力されているかを知る方法はないかと考えると、画面左上にIMEのメニューがありました。これをマウスクリックして漢字変換モードにしました。パスワードは「thinkpad1」というような感じの英小文字と数字の組み合わせですが、実際に入力されていたのは「THINKPAD!」でした。つまりSHIFTキーが押された状態になっていました。

ここまでわかると調べようがあるというもの。Googleで「Shiftキーを押していないのに記号が入力される」で検索すると、QXエディタ入門「シフトキーが押しっぱなしになる」というサイトが見つかりました。原因はWindowsの「固定キー機能」がオンになっているためということ。オフにする手順は上述のサイト通りにすればいいのですが、それには何とかしてWindowsログオンしなければなりません。

ログオン画面の左下のボタンをクリックすると、ソフトウェアキーボードが表示できたので、それを使って「thinkpad1」を入力。何とかログオンできました。そして上述の固定キー機能のオフ設定をしました。これで大丈夫と思いきや...

次にログオンするときにまたもや同じ現象。上述のサイトによるとWindowsのバグで、オフにしていてもオンになってしまうことがあるらしい。結局根本的な解決方法はなさそうなので、しかたなくパスワードなしで自動ログオンする設定に変えました。しかし時折、自動ログオンの設定にもかかわらず、ログオン画面で止まることがあります。このPCはダメかもしれません。しばらく様子を見ておきます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1883-b3dcde09

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。