サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/04/05

リューヴィルの業績−その2

以前、リューヴィユの業績を書きましたが、多くの日本語表記が"リューヴィル"なので、今後はリューヴィルと書きます。元の綴りがLiouvilleなので、本当はどちらなのかな...

さて、「もっとも美しい対称性」を読んでいくと、リューヴィルの業績が紹介されていました。それは、ガロア理論の偉大さを数学界に紹介したことです。

1832年、ガロアは友人宛に手紙を残し、決闘で亡くなります。手紙には「ヤコビかガウスに、これら定理の真偽ではなく重要性について、公式に見解を訪ねてほしい。のちに誰かが才能を発揮して、この書き散らかしたものをすべて解読してくれることを望んでいる」と書かれていましたが、重要性を最初に発見して公表したのは、リューヴィルでした。1843年、リューヴィルはアカデミー・フランセーズで「累乗根による解が存在するか否かという、この美しい問題に対する深遠かつ正確な答えをエヴァリスト・ガロアの論文の中に発見したことに、アカデミーは関心を持っていただきたい」と講演しました。手紙が書かれてから11年も経過しましたが、それを解読して発表したリューヴィルの業績は、それ以後の群論の進展を考えると偉大なものでした。

「もっとも美しい対称性」ではこのあと、ハミルトンの四元数が紹介され、物理学の話(アインシュタインなど)になります。数学だけの本ではないようです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/1886-3ecb2f43

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。