FC2ブログ

サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
2009/08/28

Excelレガシー

Excelレガシーという言葉を時折目にします。Excelレガシーとはこちらにも書かれていますが、企業の業務部門がExcelを使って自ら開発し、利用し続けてきた業務システムをいいます。レガシー(legacy)とは、「遺物」という意味ですから、決していい意味では使いません。

業務システムをExcelで作ることはよくあります。手軽に作れることが一番の理由です。本格的なDBシステムだと、きっちりした設計が必要ですので、漠然とした仕様では作ることができません。また専門的な知識も必要です。その点、Excelはきっちりした設計なしで、簡単な項目の設定さえすれば、すぐにデータ入力が可能です。漠然とした状態から進めることができます。合計や平均といったさまざまな算術関数を初めから備えていますから、少し覚えるだけで使えます。専門的な知識は必要ありません。ちょっと凝れば、マクロやVBAを駆使して"本格的に見える"システムも作れます。

これをレガシーというわけですが、いったい何がいけないのでしょうか?

こちらにも書かれていますが、近年、企業は内部統制やIT統制などへの対応が迫られ、データについての信頼性が求められるようになってきています。Excelでは個々の人が思い思いにデータを触ることができてしまうので、さまざまなデータが乱立する方向へ進みがちです。したがって信頼性の面でよくないといえます。

そこで本格的なシステムが必要となってきます。多くの企業が費用をかけて本格的なDBを用いたシステムを導入するのは、こういった背景があるからです。本格的なシステムでは個々の人が思い思いにデータを触ったり、書式を変えたりすることができないので、データや書式が乱立することはなく、信頼性が高まるというわけです。

しかし、コストをかけて本格的なシステムを導入したにもかかわらず、データが自由に触れないことに不満を感じた一部の社員が、陰でExcelを使ってしまうことがあります。これはExcelに精通している(特にマクロやVBAに詳しい)人に多くみられます。コストをかけて導入したシステムは何だったのでしょうか?システムの意義を半減どころか、ないがしろにしてしまいます。

システム管理者はシステムのお守りだけでなく、こういう人たちとも戦わなくてはなりません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/201-d4689832

■  カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード