FC2ブログ

サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/01

事業仕分け論議で思ったこと

このところ事業仕分けの論議で、新聞・ニュースをにぎわせています。ブログでも結構書かれているようです。特に科学技術に関しての議論で、スーパーコンピュータの事実上凍結案は、科学者・研究者に大きな動揺を与えています。

仕分け人は、目的や成果のはっきりしないものはカットしていきたいという意図があるようです。しかし「目的や成果のはっきりしないもの」というのは、実は仕分け人がその「目的や成果を理解していないだけ」のように思えます。彼らの不見識を露呈した仕分け論議になってしまいました。

この件で思い出したのが、三浦朱門氏が教育課程審議会長だった頃、「2次方程式不要論」をぶち上げた出来事です。三浦氏は「私の妻(曽野綾子氏)は2次方程式が全くわからないけれども、今まで生きていく上で全く不自由しなかった」と言い放ち、それからしばらくして2次方程式の解の公式が中学数学から消えたのです。三浦氏、曽野氏の不見識を露呈しただけでは済まされないことです。結果的に「ゆとり教育」の弊害の一つになってしまったことは、返す返すも残念なことです。

数学者の上野健爾氏は自著の中で、「私は53歳になる今日まで曾野綾子の文章も三浦朱門の文章も一行も読んだことはなく、そのことで生活に何の不便も感じたことはない。だからといって、それだけの理由で、彼らの文章を初等・中等教育の教科書に取り上げる必要がないと主張すれば暴言の誹りは免れない。初等・中等教育に相応しい文章であるかないかは、教科書作成の際に判断すればよいことである。 」と言われています。文学に対してなら暴言とみなされても、数学ならそうはみなされないというのは、おかしな話ですし、また寂しいことです。

「2次方程式不要論」のように"目先の"役に立つ・立たないだけで物事を判断する愚だけは繰り返してほしくないものです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/299-e2478da1

■  カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。