FC2ブログ

サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/23

将棋とチェスはココがちがう

先日図書館でチェスの本を借りました。ジャック・ピノーの「クレイジー・チェス」です。



チェスのルールは以前から大体は知っていたのですが、この本で初めて知ることもありました。そうすると、将棋との違いもいろいろとわかってきました。「将棋は取った駒を打てるが、チェスは打てない」といった誰でも知っていることではありません。

1.先手が白、後手が黒

  将棋・囲碁とも先手が黒、後手が白です。逆ですね。

2.駒落ち戦がない。

  将棋だと強い方が駒を落として指す「駒落ち戦」がありますが、チェスでこれをやるとあまりにも差が大きすぎるので無理とのこと。「クレイジー・チェス」に書いてありました。確かに一つ一つの駒の働きはチェスの方が強い。で、どうするかというと、強い方が目隠しなどしてハンディをつけるらしい。将棋のプロは目隠しした方が強いといいますから(なぜかは知りません。集中するからでしょうか)、チェスの目隠しは果してハンディになっているのでしょうか。

3.王手(チェック)の繰り返しはドロー

  チェスでは永久に王手が続く指し手(パペチュアル・チェック)は引き分けになりますが、将棋では王手している方が手を変えないといけません。

4.ステイルメイト

  チェスではステイルメイトといって、手番の側がルールに反しない有効な指し手がなくなると引き分けです。チェスでは全部の駒が取られて王だけになるケースが現実にあり、王を動かすとチェックにかかってしまい、ルール上有効な指し手がなくなることが結構あります。将棋では持ち駒があるため、そのようなことはほとんど起こり得ません。もっとも"理論的には"将棋でもステイルメイトはあるらしく、詳しくはwikipediaでステイルメイトを調べるとそのようなケースが紹介されています。

  騎士道から来たという考えらしいのですが、そう考えると将棋の「打ち歩詰め」禁止も武士道に通じているとも考えられるので、なんとなくこのステイルメイトに似ているような気がします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/473-cf7d9a58

■  カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。