FC2ブログ

サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/21

白痴の読み比べ-その13

第1部(第1編)の9。ナスターシャ・フィリポヴナがガーニャの家を訪れ、イヴォルギン将軍が登場したときのセリフ。

229ページの最終行から230ページの1行目



望月訳:小生、エパンチン君、そして今は亡きレフ・ニコラエヴィチ・ムィシキン公爵
木村訳:わしと、エパンチン将軍と、今は亡きレフ・ニコラエヴィチ・ムイシュキン公爵(訳注 ニコライ・リヴォーヴィチというべきところを息子の名前と間違えている)
米川訳:私と、エパンチン将軍と、なくなったムイシュキン公爵

このイヴォルギン将軍は、いろいろと言い間違えをする人で、ここでも言い間違えています。レフ・ニコラエヴィチ・ムイシュキン公爵はこの場にいる公爵自身のこと。原文には注釈も何もないのですが、望月訳だと誤植かのように思ってしまいます。木村訳だけが親切にも訳注を載せています。これはありがたい。米川訳は名字だけにすることで、この部分を注釈なしでうまくしのいでいます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/655-3fc76563

■  カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。