FC2ブログ

サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/25

古い赤本が注目されているらしい

先日、知り合いの人から「最近、古い赤本が注目されているらしいよ!」という情報をいただきました。TVでやっていたようで、おそらく「NHKのあさイチ」でしょう。

私は番組を見ていないので、知り合いの人からの情報と、上記webサイトの情報から"推測を含めて"書きます。

大学入試問題を作成する担当教員は大変。問題に間違いがあったり、答えが複数あるような問題であってはいけません。とはいっても決められた時期までに用意しないとダメですし、問題の質も要求されます。そこで考えたのが、過去問をベースに問題を作るというもの。過去には"良問"とされる問題も数多くあり、しかもすでに実績ある問題だから、問題に間違いがあったりとか、答えが複数あるようなリスクもない。おそらく数学や物理であれば、基本的な考えは過去問と同じにして、数値だけを変えてやる。あるいは表現だけをうまく変えてやって、本質的な部分は同じにする。そうすることで上述したリスクを回避できるというわけです。うまく考えたものです。

大学入試問題の過去問と言えば、通称「赤本」と言われる本。入試問題作成の教員は古い赤本を入手して、問題作成のヒントにするわけです。

ということは、受験生の方も同じ。古い赤本を入手して、早い時期にやっておく。多くの問題に当たっていれば、基本的な考え方や出題傾向をつかむことができ、過去問をベースにした問題にも対応できるようになる。

これはプログラムの世界でも同じで、「最も信頼性の高いプログラムは何か?」というと、優れたプログラマが作成したプログラムではなく、「昔から正常に動いている実績あるプログラム」であると言われます。

赤本の使い方は、「All About 大学受験」のページに書かれています。私が「計量士試験のこと-その12」で書いたように、早い時期に過去問に当たっておくことです。間違っても受験直前まで取っておいて、実力判定に使うことのないように、ということです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/720-fbf8dac1

■  カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。