FC2ブログ

サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
2011/02/27

悪霊の読み比べ-その11

第3部第6章の2。シャートフを殺害した罪を、自殺願望があるキリーロフに着せるために、キリーロフを訪ねるピョートル。話し合いがうまくいかず、お互いに銃口を向け合う場面。



米川訳:ピョートルはやはり身がまえをしたまま、じっと待ちかまえていた。自分で先きに弾丸を額に受ける危険を冒しながら、最後の瞬間まで待ち設けていた。実際こんな『○ちがい』だから、そういうことがあるかもしれないのだ。
江川訳:ピョートルは、やはり身構えたまま、待ちかまえていた。自分が最初に額に弾丸を射ちこまれる危険を冒しながら、引き金を引こうとはせず、最後の瞬間まで待ち受けていた、--相手が《偏執狂》では、そんな恐れもないではなかった。


カッコ内の単語は、原文では「маньяка」。「悪霊の読み比べ-その5」で書いたманьякがまた出てきました。江川訳は前回と同じ訳語ですが、米川訳は違います(一部伏字にしていますが、想像はつくと思います)。

このすぐ後にも、またманьякが出てきます。



米川訳:けれど、『○ちがい』はついに手を下ろした。
江川訳:しかし《偏執狂》は、とうとう手をおろした。

ここでは米川訳の方が感じが出ていますが、原語が同じなら、訳語も同じ方が関連性がわかるので好ましいと思います。翻訳者の考え方の違いでしょうか。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/753-b4938423

■  カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード