FC2ブログ

サラリーマンのすらすらIT日記

IT関連を中心とした日々を綴ります。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/23

Web Storageをやってみました

今、業務で使っているWebアプリは、データ入力中に別のデータを読んで重複チェックをすることができません。これはこのWebアプリの仕様です。なので同じデータを複数登録してしまうことが多々あります。今までは重複データに気がついた時点で片方を削除するなどしていたのですが、それにも限界がきました。で、完璧でなくてもいいので、何とか重複チェック"らしきこと"ができればと思って考えました。

考えついたのが、このWebアプリでデータ入力する前に、現存するデータの一覧を得るWebアプリにアクセスしてもらい、そのデータをWeb Storageに入れておくという方法。データ入力時には、Web Storageの中身を見てチェックするというわけ。現存するデータの一覧を得るWebアプリはPHPで自作するとして、あとはクライアント側のJavaScript。Web StorageについてはIEだとVer8以降で使えることは知ってはいましたが、なにぶん使ったことがないので、使い方を調べました。「Web Storageについて」というサイトが一番わかりやすい。

データ一覧はオブジェクトの配列になるわけですが、オブジェクトの配列はJSONの形をした文字列でないとダメかもと思いながら、上記サイトを見てみると、やはりそれが望ましいとのこと。今回はExt JSを使ってExt.decodeやExt.encodeを使うのではなく、JSON.stringify、JSON.parseを使うことに。JSON2.jsが必要ですが、これはこちらからダウンロードできます。

簡単なプログラムを作って、このWebアプリ上でWeb Storageを使えることが確認できました。もちろん、Web Storageに対応していないブラウザ(IE6など)では、重複チェックできない旨のメッセージを表示させればよい。あとはサーバ側のPHPです。これは慣れたものなので、あとは力押しです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sookibizviz.blog81.fc2.com/tb.php/869-30aa8fd2

■  カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■  プロフィール

sookibizviz

Author:sookibizviz
仕事の内容やソフトの紹介を交えながら、日々の悪戦苦闘を綴っていきます。

■  最新記事

■  最新コメント

■  最新トラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (64)
BizViz (24)
IT (1119)
計量 (76)
環境 (26)
数学 (181)
ニュース (46)
本 (187)
音楽 (113)
囲碁 (5)
将棋 (26)
ブログ (14)
日記 (19)

■  FC2カウンター

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。